お問い合わせ/申し込み
YOUTUBE好評公開中!

子供に注意が必要な添加物や経皮毒について学ぼう

大人にとっては問題ないものでも、子供にとっては健康被害をもたらす可能性があるものがあります。
ここでは食品や化粧品の添加物について、および経皮毒について詳しく見ていきましょう。

まず添加物ですが、添加物は栄養面を考慮したというより商品の保存性を意識して配合されているものが多いです。
具体的には酸化防止剤、香料、粘料、着色料などがあります。

基本的に食品衛生法の観点から本当に危険だったら除外されるので、そこまで気にする必要はないでしょう。
ただ、もし気になる様でしたら下記の成分が含んでいるかチェックしてみてください。

亜硝酸ナトリウム
アスパルテーム
スクラロール
タール色素
カラメル色素

これらは着色料や甘味料として配合されているものです。
色みを整えて見た目を良くする目的に配合されているので体に良いというわけではありません。
例えばお子さん向けのお菓子などにも配合されていることがあります。
もし食べるにしても1日の量を制限するなど監視下の元、与えるようにしましょう。

そして、経皮毒は皮膚から毒素が体内に入ってしまうという意味です。
日常生活において、経皮毒を起こしてしまうことはまずありません。

例えば「オムツ 経皮毒」などで検索されている方も多いですが、それは皮膚粘膜に汚物がずっと付着して炎症を起こす状況が発生していると考えられます。

オムツ自体に経皮毒を発症するような成分は含んでいませんので問題ありません。
正しい知識をもって対処することが大切です。

お問い合わせはこちらから