お問い合わせ/申し込み
YOUTUBE好評公開中!

添加物は子供にどれぐらい影響を及ぼすの?

大人が普段何気なく食べているお食事やお菓子に、添加物が含まれていることも多いです。

添加物の許容量が定められているので、摂取したからといってすぐに何か病気やアレルギーが発症されるという事ではありませんが、やはり無いに越したことはありません。

特に子供のうちは化学物質に対して過敏反応を起こすケースがあります。
まだ詳しい検査を行っていないと、どういった物質に対してアレルギー反応を起こすかわかりませんから、慎重になっておいて損はありません。

例えば、人工甘味料。
人工甘味料はお菓子に含まれていることがあります。

人工甘味料の中に含まれる甘味成分が、脳内の神経伝達物質を刺激することがわかっています。
もし過剰に摂取してしまうと味覚障害を起こしてしまったり、依存症になってしまったりなどのリスクも否定できません。

特にまだ神経伝達機能が形成されている幼児段階での摂取はできるだけ避けたいところです。

子供に添加物を与えないようにするには、できるだけ食材そのものの調理を行うことをお勧めします。

例えば、既製品や冷凍食品などをできるだけ避ける。

もちろんこういったもの全てに添加物が含まれているとは限りませんが、賞味期限を保つために着色料や香料などが使用されていることもありますので、食品選びには十分に注意してください。

お問い合わせはこちらから